HOME>アーカイブ>種類もいっぱい!目的に合ったマイクロスコープを手に入れよう

工業用マイクロスコープなら細かい作業もお任せ

どんなに小さい物でも映し出す事が出来るマイクロスコープは、細かい作業をするのに大変適しています。

マイクロスコープの疑問をチェック

ハンディタイプはどのように活用できますか?

ハンディタイプのマイクロスコープは高解像度での観察や写真撮影・動画保存が可能です。

光学ズーム式はどの程度まで倍率を上げることができますか?

光学ズーム式のマイクロスコープは、高倍率タイプの1000倍の商品も取り扱っています。

単焦点レンズ式はどのように使用すればいいですか?

単焦点レンズ式のマイクロスコープは、スタンド式で本体を上下すれば倍率の変更が簡単に行えます。

拡大させる観察機器の特徴

顕微鏡

マイクロスコープは肉眼で見ることが出来ない、微小な物を拡大させて観察するための道具です。用途は顕微鏡と似ていますが、マイクロスコープは対象物を専用のモニターに映すことで複数人による観察が可能な特徴があります。そのため、人数分の設備を用意しなくても観察が出来るのが利点です。その一方で顕微鏡とは異なり、肉眼での観察は出来ません。使用の際にはカメラなどの映写用の機器を別に用意する必要があります。

観察用機器の購入方法

マイクロスコープを購入するためには工作機械などの機器を製造するメーカーに作成を依頼するのが一般的です。製品ごとに倍率や解像度が異なるため、用途別に最適な性能の製品を選ぶことが重要になります。高額な製品ほど高性能になりますが、必ずしも高性能であることが使い勝手の良さとは直結しないので、製品の性能と使用目的を照らし合わせたうえで判断することが大切です。特に観察する対象物の解像度は使い勝手の良し悪しを左右するため、他の機能の有無を差し引いても重視することが重要になります。

適切に使うためのお手入れ

マイクロスコープは精密機器なので丁寧に扱うことが大切です。少しの衝撃でも機能に狂いが生じてしまうことがあるので十分に注意する必要があります。また、埃などの汚れが機器の内部に入り込むと誤作動を引き起こすことがあるので、使用環境にも気を配ることが大切です。万が一、汚れが付着した場合は使用を中止して、分解掃除を行うのが無難な対処法です。内部に入り込んだ汚れを取り除き、部品の紛失や破損が生じないように扱うのが長く使い続けるコツになります。

広告募集中